焼肉・バーベキューにおすすめな豚肉の部位

野外で焼肉・バーベキューで活躍するのが、豚肉。価格も安いので、大勢で楽しむのにぴったりの食材です。
「焼肉」と「バーベキュー」の違いと、それぞれにおすすめの部位をご紹介します。

焼肉におすすめ豚肉の部位

焼きながら食べるのが「焼肉」。脂が少ない部位は火を通し過ぎるとパサパサになるので、高温で肉を焼き上げる「焼肉」におすすめできません。

焼肉におすすめな豚肉の部位は、「バラ肉」と「肩ロース肉」です。シンプルなタレや塩胡椒のみで豚肉の旨味を味わえます。

焼肉の定番「豚バラ」

焼肉で欠かせない部位が「豚バラ」。

アバラ骨の周囲にある腹側のお肉で、赤身と脂肪が交互に層になった最も脂肪が多い部位のため、旨味がたっぷり。

ジューシーで濃厚、食べ応えのあるおいしさは焼肉でも大人気です。

コクのある味わい「肩ロース」

背側の肉は、首の方に近づいていくほど肉のきめが荒く固くなっていきます。肩ロースは、肩肉とロースの間にある部位。

きめはロースより荒いのですが、適度な脂肪があるため、ロースと同じぐらいの上質な肉です。

ジューシーな豚バラと、コクのある味わいの肩ロース。焼肉はシンプルな味付けだからこそ、交互に食べ比べて違いを楽しむのもおすすめです。

バーベキューにおすすめ豚肉の部位

じっくり調理して食べる「バーベキュー」。バーベキューに使用するなら迫力のあるブロック肉がインパクトもあっておすすめです。

厚みのある豚肉を使用する際には、収縮を防ぐために”筋切り”を。

赤身と脂身の境目のあたりに切れ込みを入れることで、反り返りを防ぐことができます。

ローストポークにおすすめ「豚肩ロース」と「豚ロース」のブロック

オシャレなバーベキューを楽しみたい時におすすめなのが、ローストポーク。柔らかくてジューシーな豚肉の旨味を味わえる一品です。

味付けをしたブロックの豚肉を弱火でじっくり焼くか、ダッチオーブンで蒸して、中までしっかり火が通るようにします。

一般的にローストポークに使用する部位は、豚肩ロース。赤身の中に適度な脂身が入っているので、豚肉のコクと旨みを楽しめます。

予算に余裕がある場合には、豚ロースを。ロースは、豚肉の中で最も美味しいと言われる部位です。

きなこ豚ブロック肉

きめが細かく適度に脂肪があるので、柔らかくてまろやかな甘さを堪能できます。

ワイルドな調理にもぴったり!旨味がギュッと詰まった「豚バラ」のブロック

豚バラ肉はベーコンにも加工される旨味が詰まった部位。骨付きは「スペアリブ」と呼ばれます。

シンプルな味付けでも脂肪の旨味と肉汁が溢れるので、野外のバーベキューにぴったりです。

たとえば

  • 燻製にしてベーコンに
  • 串に刺して焼いて焼き鳥のタレを塗って再度焼く
  • 西京味噌に漬け込んでから焼く

などなど。

ちょっとした工夫でさらに美味しくなります。濃厚な味わいはビールにも合います。

焼肉・バーベキューに「国産ブランド豚肉きなこ豚」を

はざま牧場の「きなこ豚」は栄養価の高い「きなこ」を加えたオリジナルの飼料で育った、宮崎ブランド豚肉です。まろやかな甘みがあり、質のよい上品な脂はしつこくありません。

パリッとした皮から溢れでるジューシーな肉汁の旨みと、粗挽き肉のプリッとした食感を楽しめる「きなこ豚のソーセージ」もバーベキュー・焼肉に人気の一品です。ぜひ一度ご賞味ください。