栄養豊富な豚肉の魅力!その効能とは?

豚肉の魅力はおいしいだけではありません。タンパク質とビタミンB群が豊富な豚肉は、美容や疲労回復のための食材としてもおすすめです。

特にビタミンB1は糖質を燃やしてエネルギーに変えてくれます。豚肉の効能を知って、体にもおいしくいただきましょう!

豚肉は糖質をエネルギーに変える「ビタミンB1」が豊富

豚肉はビタミンB群が豊富で、特にビタミンB1は100gあたりに含まれる量があらゆる食品の中でトップクラスです。

ビタミンB1は、糖質を体内で燃やしエネルギーへと変えるために不可欠。疲れやすい・太りやすいといった場合には、ビタミンB1が不足し、エネルギー代謝が低下しているかもしれません。

豚肉100gあたりの部位ごとのビタミンB1含有量は以下のとおり。

  • 豚ヒレ肉:0.98mg
  • 豚モモ肉:0.9mg
  • 豚ロース肉:0.69mg
  • 豚バラ肉:0.54g

牛ヒレ肉(和牛)0.09mg、鶏ささみ0.09mgなので、牛や鶏肉の10倍以上。

1日当たりの摂取量の目安は、成人男性で1.4mg、成人女性で1.1mgとされています。女性なら豚ヒレ肉100gちょっと食べれば、1日の必要量を満たせます。

ビタミンB1は体内に貯めることができないため、毎日の食事に積極的に取り入れていきましょう。

アミノ酸のバランスが良い「良質なタンパク質」

タンパク質は髪の毛・皮膚・臓器など体の材料となり、体を動かす・栄養や酸素を運ぶ・免疫機能で体を守るなど、さまざまな働きに関わります。

タンパク質を英語にすると「プロテイン」。

タンパク質が不足すると、疲れやすい・筋肉量の低下・回復力が遅くなるといったことにつながるため、体を動かすアスリートが積極的に取り入れています。

タンパク質は体の中に取り入れられると20種類のアミノ酸に分解され、そのうち体内で合成できないため食物で補う必要のあるアミノ酸9種類を「必須アミノ酸」と呼びます。

このアミノ酸の含有バランスの良さを評価したものが「アミノ酸スコア」。数値が100に近いほどタンパク質が有効利用される食品です。

最高値100の食品は鶏肉・鶏卵・豚肉・牛乳・ヨーグルト・大豆など。

豚肉には良質なタンパク質が含まれていて、赤身が多い部位ほど100gあたりのタンパク質の含有量が多くなります。

コレステロール値を抑える「不飽和脂肪酸」

きなこ豚ブロック肉

脂というと太るイメージがあるかもしれませんが、脂溶性ビタミンの吸収を促してくれるので、適度な量は人間の体にとって欠かせません。

豚肉100gあたりの部位ごとの脂質量は以下のとおり。

  • 豚ヒレ肉:1.9g
  • 豚モモ肉:10.2g
  • 豚ロース肉:19.2g
  • 豚バラ肉:34.6g

牛バラ(和牛)が50g、牛バラ(輸入)が32.9gなので、脂質は牛肉より少なめ。

豚肉には血中のコレステロール値を抑えてくれる「不飽和脂肪酸」の、オレイン酸とリノール酸が多く含まれています。

牛肉よりも多く含まれているのが、必須脂肪酸である「リノール酸」。必須脂肪酸は体内で作れないため、食品から取り入れる必要がある栄養素です。

豚のエサにはリノール酸を含む植物系の飼料が配合されていて、リノール酸が飼料に多く含まれているほど柔らかな肉質となります。

栄養豊富なオリジナルの飼料で育った「きなこ豚」

きなこ豚はアミノ酸スコア100の食品である大豆を焙煎した、「きなこ」を加えたオリジナルの飼料で育った豚です。

人肌融点で、口に入れた瞬間ふわっと”きなこ”に含まれる植物性脂のまろやかな甘味が広がります。

栄養豊富でまろやかな味わいの「きなこ豚」をぜひご賞味ください。